お問い合わせ

放射線治療専門委員会【東北がんネットワーク】

特殊放射線治療

90イットリウムによる悪性リンパ腫の治療とは…

90イットリウムによる悪性リンパ腫の治療は、CD20抗原(細胞表面のタンパク質の一種)陽性の悪性リンパ腫(B細胞性非ホジキンリンパ腫、マントル細胞リンパ腫)に対して、放射線を出す物質(放射性同位元素)である90イットリウムとCD20抗原に特異的に結合するモノクローナル抗体を結合させた薬剤(ゼヴァリンイットリウム(90Y))を使用して行う治療法です。悪性リンパ腫細胞のCD20抗原と結合した90イットリウムはβ線を放射し、腫瘍細胞を障害します。国内の患者さんを対象とした臨床試験では、80%で奏効(腫瘍が治療前に比べて縮小)が確認され、64%で完全寛解(腫瘍病変がほぼ消失)が確認されました。治療は、入院の上、点滴と静脈注射で行われ、治療期間は7~9日です。副作用として、白血球や血小板の減少、倦怠感、頭痛、便秘、口内炎、発熱、悪心、下痢、食欲不振、胃不快感、皮下出血、鼻咽頭炎などが出現することがあります。

90イットリウムによる悪性リンパ腫の治療を実施している施設とその受診方法

90イットリウムによる悪性リンパ腫の治療
  対象疾患 年間実施件数
(概数)
他院からの
紹介
連絡窓口・備考
青森 青森県立中央病院 CD20陽性の再発または難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫(NHL)、マントル細胞リンパ腫(MCL) 0~3件 可能 血液内科:017-726-8436
地域連携室:017-726-8298にご相談ください。
岩手 岩手県立中部病院   1~数件
(H23年4月から開始)
要相談 当院血液内科へお問い合わせください。
病院代表番号:0197-71-1511
宮城 東北大学病院 保険適応疾患 7 可能 血液免疫外来にご相談ください。
地域医療連携センター
http://www.hosp.tohoku.ac.jp/tiikiiryou/02_kikan.html
TEL:022-717-7131 / FAX:022-717-7132

導入予定:弘前大学医学部(青森)、福島県立医科大(福島)

  • 東北粒子線コンソーシアム
  • 広域がん放射線治療ネットワーク

COPYRIGHT © touhoku-gannetwork ALL RIGHTS RESERVED.