ごあいさつ||放射線治療専門委員会【東北がんネットワーク】

お問い合わせ

放射線治療専門委員会【東北がんネットワーク】

ごあいさつ

がん対策基本法の成立に対応し、各所でさまざまながん対策の取り組みが始まっています。一方で、病院、大学、あるいは県単位の取り組みのみでは、得られる情報が限られることや、仕事が非効率であるなど、問題点も指摘されております。東北がんネットワークは、がん医療に関わる取り組みを、東北という広い枠組みでとらえ、より効率的ながん医療均てん化や情報共有、医療人の育成を目指して設立されました。

この放射線治療専門委員会は、施設代表の推薦を受けた委員から構成されており、東北地方の放射線治療のレベルアップと人材育成を目指した活動を行っていきます。放射線治療は、治療装置が高額で、特殊放射線治療の場合、どの施設でもできるわけではありません。しかし、このような特殊放射線治療の実施状況を調べることは、患者さんにとっても医師にとってもなかなか難しい状況が続いています。東北がんネットワーク・放射線治療専門委員会では、東北地方のどの病院で、どのような治療が受けられるのか?その治療法のメリットは何か?また、そこで治療を受けるためにはどのようにすれば良いのか?など、治療へのアクセス情報を発信していきたいと思います。

また、放射線治療の専門医は大変不足しており、一名のみの医師が治療法を決めなくてはいけない施設も数多くあります。東北がんネットワーク・放射線治療専門委員会では、オンラインカンファレンスシステムを構築し、東北地方の放射線治療医の知識と経験を結集して、治療法のアドバイスができる仕組みも運用いたします。直接患者さんの目に触れる活動ではありませんが、より適切な治療方針の決定に有益な仕組みと考えております

活動は始まったばかりですが、参加施設はがん放射線治療のレベルアップに熱心な施設ばかりです。活動への御支援をお願いいたします。

平成20年12月
放射線治療専門委員会
根本 建二

  • 東北粒子線コンソーシアム
  • 広域がん放射線治療ネットワーク

COPYRIGHT © touhoku-gannetwork ALL RIGHTS RESERVED.